表層改良工法(浅層地盤改良)

概要

地表面から比較的浅いところに軟弱な層がある場合は、セメント系固化材と原地盤を混合攪拌し転圧(締固め)により地盤を改良する工法です。

注意が必要な地盤

【1】軟弱な層がGL-2.0mを超える地盤で圧密沈下の恐れがある地盤
【2】PH4以下の酸性土
【3】施工上の問題となる伏流水がある地盤
【4】産業廃棄物などが蓄積している地盤

固化材(セメント系)

主に下記の3種類に分類されます。
【1】一般軟土用
【2】六価クロム低減型
【3】高有機質土用

施工手順

【1】原地盤を基礎の底までスキトリます。
【2】改良する原地盤に対して所定の固化材を散布します。固化材の添加量の目安としては
   土1m3に対して砂質土の場合、50kg/m3。
   粘性土の場合、60kg/m3が最低添加量となります。
【3】原地盤と固化材がよく混ざるように混合攪拌をします。
【4】混合攪拌した改良土をバックホウ本体などで一次転圧を行います。
【5】レベル調整を行いながら、ローラー等により本転圧を行います。
【6】仕上げの整地を行います。

Copyright(c) 2011-2015 第一基礎設計株式会社 All Rights Reserved.